ブラックジャックでカウンティングはオンラインカジノなら可能?アプリやツールで勝率アップするの?

ブラックジャック カウンティング

ブラックジャックは、カジノゲームの中でも人気があるカードゲームです。

ルールがシンプルなのもありますが、理論上では「一番勝ちやすい」ゲームとしても知られていますので、オンラインカジノでも大変楽しまれています。

また、ブラックジャックにまつわる必勝法も多く、

  • カウンティング
  • ベーシックストラテジー

といったブラックジャック必勝法が挙げられます。

なぜ、カウンティングやベーシックストラテジーがブラックジャック必勝法と呼ばれるようになったのか?この記事では、歴史ややり方を解説していきます。

ブラックジャックのカウンティングの歴史

ブラックジャック カウンティング 歴史

ブラックジャックは、「21(トゥエンティーワン)」と呼ばれるカードゲームが起源ですが、カードカウンティングを開発したのは、数学者のエドワード・ソープです。

エドワード・ソープは、数学専門誌に掲載された「ブラックジャックの最適戦略」という論文を読み、実際にラスベガスでメモを片手にプレーをした経験を元に、大学の大型コンピューターを使って計算したところ、カードカウンティングの技術の基礎となっていきます。

ブラックジャックのカウンティングに関連した映画

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」は、2008年に公開されたアメリカの映画で、ラスベガスで実際に起きたブラックジャックのカードカウンティングを元に作られていますので、カードカウンティングの歴史を知りたい場合は、参考になります。

また、映画「レインマン」のダスティン・ホフマンが演じているレインマンことレイモンドは、「サヴァン症候群」のため、人並み外れた記憶力があったため、ブラックジャックでカードカウンティングを行い、成功させています。

ブラックジャックのカウンティングの基本

ブラックジャック カウンティング 基本

エドワード・ソープは、数字の2、4、5、6、7が少ないほど、プレーヤーが有利とする「5カウント法」という手法を発表しました。

しかし、5カウント法は、プレーヤーが有利になる確率が3.58%増えるだけで、ほんの少しだけ有利になっても、運が悪ければ負けるという事で、絶対的な必勝法ではありませんでした。

そこで、エドワード・ソープはさらに研究を進め「10カウント法」という手法を発表します。

10カウントだと、1~9までの枚数と、10以上の枚数をカウンティングする事で、その割合で勝率を計算する事で、最大10%近く有利になる事が分かりました。

ブラックジャックのカウンティングは禁止事項に

映画で行った事は実話であり、実際に勝率がカウンティングを使う事で最大10%も変わってくるという事で、メモなどを見ながら行う行為は、ラスベガスのみならず、韓国、マカオなど現地カジノでは禁止されています。

そのため、メモを見ずに全ての場に出ているカードを記憶しなければいけないため、現実的にカウンティングする事は出来ません。

しかし、今人気のあるオンラインカジノの場合であれば、運営者側から見られる心配もありませんので、カウンティングする事が可能とも言われていますので、実際にどうやって行っているのか??をまずは解説していきます。

オンラインカジノのブラックジャックでカウンティングする方法

ブラックジャック カウンティング やり方

オンラインカジノのブラックジャックでカウンティングする方法ですが、以下の3ステップになります。

 ステップ1 デッキ数の確認

まず、プレイされるゲームで何デッキのカードが使用されるかご確認ください。

デッキ数は、

  • シングルデッキ(52枚)
  • ダブルデッキ(104枚)
  • 6デッキ(312枚)
  • 8デッキ(416枚)

がありますが、オンラインカジノは6デッキか8デッキです。

ステップ2 各カードに値を設定します。

カードの値の設定ですが、

  • 2から6のカードを+1
  • 7、8、9を0
  • 10、J、Q、Kを-1

とそれぞれ値を数値化しておきます。

ステップ3 2枚のカードの点数をつける

上記の値を使って毎ゲーム最初に配られる2枚のカードに点数をつけます。

例えば、

手札が3とQの場合、(+1)、(-1)を計算し0となります。
(先ほどの値のように3は+1、Qは-1とカウントします)

手札が6と9の場合、(+1)、(-1)で+1となります。
(6は+1、9は0とカウントします)

このように全てのカードに対して、「カウンティングを行う必要」があります。

カウンティングする事に何の意味があるの?

ブラックジャックでカウンティングを続けていくと、合計した値がプラスが多い場合は、小さい数字(2〜6)がテーブルに排出されたことになります。

すると、残りのカードマシーンの中に、大きな数字(10〜K)が残っていると考えられますので、「ここぞ!」という場面で、大きくベットするタイミングが分かる事で勝った時に大儲け出来ます。

逆に、マイナスの値が多く出た時は、大きな数字があまり残っていないと考えられますので、あまり大きなベットやスプリットなどはしない事で、負けを抑える事が出来ます。

ただし、カウンティングはあくまでも理論上の方法のため、プラスが多いからと言って次に出るカードは絶対大きい数字という保証はありませんので、ご注意ください。

ブラックジャックで出来るカウンティングの種類

ブラックジャック カウンティング 種類

カジノによって、ブラックジャックゲームで使われるカードのデッキ数が異なりますが、ほとんどの場合は

  • 6デッキ
  • 8デッキ

のいずれかが使われます。

これは、カジノ側がカウンティング行為を防止するためで、カードの数が多くなればなるほどカウンティングが困難になります。

あと、マシンの中のカードの半分を使用した時点でカードがシャッフルされたり、新しいデッキに変えられたりします。

しかし、現実的な話で申し訳ないですが、6デッキや8デッキを使用するブラックジャックゲームで、カウンティングをするのは、全てを記憶しなければなりませんので、とても難しいです。

ブラックジャックでカウンティングする効果、勝率は上がるの?

ブラックジャック カウンティング 勝率

ブラックジャックではカードマシンにいれるカードの枚数(デッキの数)を把握することで、毎ゲーム排出されるカードをカウンティングする事で、カードマシンに残っているカードがある程度想像でき、次に出されるカードを予想することが可能となります。

しかし、あくまでも予想だから絶対ではないではなく、いくらブラックジャックの最強必勝法と言われているカウンティングを使ったとしても、100%勝てるという保証はありません。

ブラックジャックでカウンティングする効果

カウンティングを使えるのはオンラインカジノのライブカジノのみです。

100%勝てるという保証がないだけでなく、残念ながら普通のオンラインカジノのブラックジャックゲームではカウンティングを使うことができません。

理由は、

「何デッキのカードを使っているのか把握できない」

ため、カウンティングの根本になる残りのカードの種類や枚数を把握することがほぼ不可能だからです。

しかし、ライブカジノのブラックジャックでは、目の前でカードマシンにカードが挿入されますので、デッキの数やカードがリセットされるタイミングを把握することができます。

実際のカジノとは違って、カードが挿入されてからリセットするタイミングを見て、メモを取りながらカウンティングをする事が出来ます。

多くのサイトでカウンティング出来ると言っている理由は、ここにあるのです。

ライブカジノでカウンティングについては、下記の記事でまとめています。

ブラックジャックのカウンティングで勝率は上がる?勝てない?

実際、ブラックジャックでカウンティングをすると、勝率は10%上がると言われる上に、ブラッックジャックは、ただでさえ「期待値の高いカジノゲーム」です。

カウンティングすることによってかなり勝率が跳ね上がる一方で、カウンティングをしたら絶対勝てる!というわけではありません。

あくまでもカウンティングは残りのカードを予想するだけのものであり、同じテーブルに座っている他のプレイヤーの人数や、運によって勝敗が変わってきます。

もちろんカウンティングを使わないでプレイするよりは、期待値は上がりますが、100%勝てる保証をされてはいない事を理解しましょう。

ブラックジャックでカウンティングする事での期待値

カジノゲームには「期待値」と呼ばれる統計学に基づいて計算された賭け金を100とした場合の戻ってくる見込みの金額を算出しています。

実は、ブラックジャックでカウンティングを使用してプレイした時の期待値は、100%を超える言われています。

同じブラックジャックの必勝法と呼ばれる「ベーシックストラテジー」を使ってプレイした時の期待値が約99.7%と言われているので、それ以上の期待値だからこそ、最強の必勝法と呼ばれるわけです。

ベーシックストラテジーの覚え方や詳細な情報は下記の記事で書いています。

ところで、期待値が100%超えるという事は「100%勝てる」という事を意味しているのでしょうか?

そう思われる人もいるかと思いますが、これはあくまでも長時間プレイした時の期待値となっています。

どんなギャンブルにおいても、期待値や還元率というものは数百・数千ゲームプレイした時の期待値であって、数十回普通にプレイするだけでは、期待値は低くなってしまいます。

そのため、カウンティングを使ってブラックジャックをプレイした時の期待値は、100%を超えるから100%勝てるというわけではありませんので、その点はご注意ください。

ブラックジャックはディーラーが有利?

ブラックジャックをカウンティングする事で勝率を上げられると伝えていますが、そもそもブラックジャックはゲームの性質上圧倒的にプレイヤー有利のカジノゲームです。

理由としては、

ディーラーには、自らカードをヒットしたり、ステイするという選択肢がないからです。

また、

「ディーラーの手札が16未満の場合は必ずヒットしなければいけない」

というルールがあるので、16未満の場合は、自動的にカードをヒットする事になりますので、プレーヤー側が有率なるのです。

さらに、1枚目のカードがプレイヤーに見えている事で、ブラックジャックはディーラーがとても不利なゲームなのです。

ブラックジャックのカウンティング アプリやツールはあり?

ブラックジャックのカウンティングを行うのに、いちいち記憶するのは大変という事で、エクセルやアプリなどで自作ツールを作られている方がいます。

それぞれの効果については、自己責任で試してみるしかありませんが、無料で使えるツールとしては、

  • BJカウンティングツール
  • CardCounter
  • Sculd:スクルド

などがあります。無料で使えるので試してみた時には、またシェアさせて頂きますね。

ブラックジャックのカウンティングができるiPhoneで使えるアプリ

21 Blackjack Card Counter ブラックジャック・カード・カウンター

iPhoneとiPad専用のアプリで、「21 Blackjack Card Counter ブラックジャック・カード・カウンター」があります。

しかし、口コミやレビューを見ると、評価点が1.8とかなり低く、精度に問題があると思われます。

ブラックジャックのカウンティングができるGoogle Playで使えるアプリ

有限会社ディーエヌジー ブラックジャック カウンティング

有限会社ディーエヌジーが製作した「ブラックジャック カウンティング」がありますが、6デッキにするとかなり重たくなると口コミやレビューには記載がありました。

使い方としては、自身の手札のバースト確率を計算するのに特化しています。

ブラックジャックでカウンティングはオンラインカジノなら可能?アプリやツールで勝率アップするの?まとめ

ブラックジャック カウンティング まとめ

ブラックジャックでカウンティングすると、期待値が100%を理論上では超えるため勝率が高まりますが、オンラインカジノを含めてカウンティングする事は禁止行為とされています。

万が一、カウンティングしている事がバレてしまうと、アカウントの停止や削除をされて、運営会社のブラックリスト入りし、出禁となる事もゼロではありません。

多くのサイトでカウンティングが必勝法だと言ってはいますが、当サイトでは積極的にカウンティングをオススメはせず、ベーシックストラテジーを使って攻略する方法をオススメ致します。

また、ブラックジャックがいくら期待値が高く、プレーヤーに有利なカジノゲームだと言っても、あくまで理論上の話であって、長くプレーをし続ける事で勝率を上げていく事が出来ます。

1時間、2時間程度の短い時間でブラックジャックをカウンティングしても、期待値が100%を超える事はなかなか難しいですし、同じテーブルのプレーヤーや席の運などの要素も関係してきます。

そう考えると、完全な必勝法では無いという事を理解頂いた上で、他の必勝法と呼ばれる様々な方法と組み合わせながら、勝率や成績を伸ばして頂くのが最善の方法になります。

上手く組み合わせて、ご自身の中で最強の必勝法を作り上げて頂ければと思います。

ベーシックストラテジー以外のカジノ必勝法を一覧でまとめています。

●リアルカジノを楽しめるライブカジノあります