パチンコ、パチスロ、オンラインカジノなど、日本で遊べる遊戯の事を随時更新しています。

遊戯たより

スポーツブック

フランス代表の最新メンバー発表、気になるフォーメーションや背番号、注目選手を紹介します。

投稿日:

今日からグループCです、優勝候補といっても良いフランス代表、最新情報をまとめていきます。

さらに、予備メンバーについても「なんて豪華なんだ」と言われているくらい、国をあげての総合力では世界一なのかもしれないくらいの充実戦力・・(日本代表に分けてほしいくらいだ・・)

 

そんなフランス代表の直近の成績ですが、5/28のアイルランド(FIFAランキング31位)に2-0、6/1イタリア(FIFAランキング20位)に3-1で快勝、絶好調で調整が進んでいます。

まずは、登録23名のメンバーから確認しましょう。

 

フランス代表 最新23名メンバー登録と背番号

GK

  • ウーゴ・ロリス(トッテナム) 背番号1
  • スティーブ・マンダンダ(マルセイユ) 背番号16
  • アルフォンス・アレオラ(パリSG) 背番号23

DF

  • ベンジャマン・パバール(シュツットガルト) 背番号2
  • プレスネル・キンペンベ(パリSG) 背番号3
  • ラファエル・バラン(R・マドリー) 背番号4
  • サムエル・ウムティティ(バルセロナ) 背番号5
  • アディル・ラミ(マルセイユ) 背番号17
  • ジブリル・シディベ(モナコ) 背番号19
  • ルーカス・エルナンデス(A・マドリー) 背番号21
  • バンジャマン・メンディ(マンチェスター・C) 背番号22

MF

  • ポール・ポグバ(マンチェスター・U) 背番号6
  • コランタン・トリッソ(バイエルン) 背番号12
  • エンゴロ・カンテ(チェルシー) 背番号13
  • ブレズ・マトゥイディ(ユベントス) 背番号14
  • スティーブン・エンゾンジ(セビージャ) 背番号15

FW

  • アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー) 背番号7
  • トーマス・レマル(モナコ) 背番号8
  • オリビエ・ジル(チェルシー) 背番号9
  • キリアン・ムバッペ(パリSG) 背番号10
  • ウスマン・デンベレ(バルセロナ) 背番号11
  • ナビル・フェキル(リヨン) 背番号18
  • フロリアン・トバン(マルセイユ) 背番号20

ディディエ・デシャン監督率いるチームは1998年のワールドカップ制覇以来の悲願達成に向けて、歩みを進めていきます。

 

予備登録メンバーについて

上記23名にプラスして下記の予備登録メンバーが発表されていますが、

  • GKブノワ・コスティル(ボルドー)
  • DFマチュー・ドゥビュシー(サンテティエンヌ)
  • DFリュカ・ディニュ(バルセロナ)
  • DFママドゥ・サコー(クリスタル・パレス)
  • DFクルト・ズマ(ストーク)
  • MFアドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)
  • MFムサ・シソコ(トッテナム)
  • FWウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
  • FWキングスレイ・コマン(バイエルン)
  • FWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
  • FWアントニー・マルシャル(マンチェスター・U)

 

フランス代表の予想フォーメーションや戦術について

次に気になる予想フォーメーションや戦術ですが、まずフォーメーションは4-3-3で

  • GW ウーゴ・ロリス(トッテナム)
  • DF 左から、バンジャマン・メンディ(マンチェスター・C)、サムエル・ウムティティ(バルセロナ)、ラファエル・バラン(R・マドリー)、ジブリル・シディベ(モナコ)
  • MF 左から、ブレズ・マトゥイディ(ユベントス) 、エンゴロ・カンテ(チェルシー)、ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
  • FW 左からトーマス・レマル(モナコ)、アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)、キリアン・ムバッペ(パリSG)

と予想されます、戦術ですが組織だった守備をベースにした堅守からサイドアタックからのダイナミックかつスピィーディーな展開をします。

 

フランス代表 注目の選手は?

続いて、注目の選手ですが、やはり栄光の10番を受け継いだ新鋭キリアン・ムバッペ選手をまずは挙げたいと思います。

キリアン・ムバッペ選手ですが、ネイマールと同じパリ・サンジェルマンに所属、代表最年少の19歳です。プレースタイルはなんと言っても「圧倒的なスピード」では無いでしょうか。

ある記者の記事によると、トップスピードに乗ったドリブルは、時速44.7キロ、平均時速36.0キロととんでもないスピードでドリブルをしています。さらにスピードあふれるドリブルに緩急を使った高速ドリブルでDFを一気に抜き去ります。

将来のバロンドール受賞候補とも言われていますので、今回のワールドカップが試金石となるのか?注目の選出の一人です。

 

次に、忘れてはならないエースストライカーのアントワーヌ・グリエーズマン選手です、A・マドリーへはEURO2016得点王をきっかけに移籍を果たし、フランス代表の今の顔となっています。

プレースタイルは、攻守に渡って献身的なスタイルで、万能選手と言って良いのではないでしょうか。

 

次に、ポール・ポグバ選手、対人能力に優れていてスタミナ豊富で、ボールを奪ってからの攻守の切り替えの速さは、フランス代表の武器と言っても過言ではありません。

最後に、ラファエル・バラン選手。レアルマドリードの中心DFですが長身でフィジカルが強いだけでなく、スペースをカバーにしにいくスピード感あふれるカバーリング力に定評があります。

 

とにかく、他にもビッグクラブの中心を担う代表選手が多く、チームそのものが注目という感じですので、全員を説明するのも大変なくらいですが、順当に上位進出してくると思われますので、毎回のプレーが楽しみで仕方がありません。

 

フランス代表 ワールドカップの試合日程

最後に、ロシアワールドカップでの試合スケジュールですが、

  • 6/16 19:00 オーストラリア (カザン)
  • 6/21 24:00 ペルー (エカテリンブルク)
  • 6/26 23:00 デンマーク (モスクワ/ルジニキ)

となっていますが、注目はFIFAランキング11位のペルー代表、1982年に親善試合があるだけで過去に対戦がありませんので、どのような試合になるのか?注目です。

また、同じくFIFAランキング12位のデンマーク。通算成績が8勝5敗ですが、ヨーロッパの競合チームですので油断なりませんし、最終戦という事になりますので、オーストラリアとペルーでしっかりと勝ち越しを決めた上で試合を迎えたいところです。

オーストラリアを除く3チームが、ランキング上位チームという事で三つ巴の様相なので、しっかり初戦から入っていけるか?注目していきたいと思います。

<お知らせ>

ランキング登録が出来ました。

これから更新を続けていく励みにポチッと推して下さい。

↓ ↓

 にほんブログ村 小遣いブログへ

オンラインで遊びまくれ!

-スポーツブック
-, , , ,

Copyright© 遊戯たより , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.